チタン印鑑どこで売ってる

チタン印鑑はどこで売ってるの?

チタン印鑑,どこで売ってる

チタン印鑑を購入したい」と思う場合、まずどこで売ってるのかを知るのはとても大切だよね。三文判なら雑貨屋さんや100円均一のお店でも販売しているけれど、チタン印鑑は扱っていないよね。

 

チタン印鑑を確実に手に入れたいのであれば、「印鑑屋さん」に行くことをおすすめするよ。印鑑屋さんであれば、実店舗でもネット店舗でもチタン印鑑の取り扱いをしているはずだよ。

 

印鑑屋さんは、名前が示す通り「印鑑のスペシャリスト」で、チタンだけではなく象牙や黒水牛など幅広い印鑑用の素材を取り扱っていて、顧客の希望や予算に合ったものを提案してくれるよ。

 

木製の素材ならその場で彫り上げてくれることもあるものの、チタンはとても繊細な素材だから、印鑑の製作作業はじっくり時間をかけて行なわれるよ。

 

申し込みをしてから少なくとも1週間程度はかかると考えておくと無難だよね。もし依頼したのが実印なら、完成までに10日から2週間くらいかかることもあるから注意が必要だね。

チタン印鑑をお得に買える場所はどこ?

チタン印鑑,買える場所

チタン印鑑をお得に買える場所といったら「ネット通販の印鑑屋さん」だよね。

 

ネット通販のお店は、実店舗を構えている訳ではないから、その分維持費や管理費といった経費を安く抑えることができるんだよね。

 

この差額分を値段に反映させることで、実店舗の販売価格よりもお得な価格で販売することができる、ということだね。また、「人件費が安い」というのも魅力だね。

 

実店舗の場合は、印鑑職人の他に来客の対応をする人が必ず1人は必要になるよね。店舗の規模によっては、店舗対応と電話対応にそれぞれ人を雇用している、というケースもあるね。

 

一方、ネット通販の場合、ウェブサイト上で注文用のフォーマットがきちんとできていれば、職人1人だけで顧客対応をすることも可能になる、というメリットがあるよ。

 

そうして人件費を大きく抑えることができるから、その分販売価格も安くすることができる、という訳だね。

 

チタン印鑑をできるだけ割安な価格で購入したい」という人にはネット通販の印鑑屋さんが絶対お勧めだね!

 

10年保証付きのチタン印鑑が作れるはんこプレミアム

はんこプレミアム

印鑑を最安値で作成できるお店」として評判なのがはんこプレミアムだね。もちろん、価格だけではなく仕上がりもとても良いということで評判を呼んでいるよ。

 

チタン印鑑のバリエーションが豊富な点も魅力。最もシンプルなのは「ブラストチタン印鑑」だね。

 

ボディ全体が艶消しになっているところがカッコイイよね。「光沢があるチタン素材が良い」という人には「鏡面ゴールドチタン印鑑」がおすすめだね。綺麗に磨きあげられた鏡のようなゴールド色がGood。

 

落ち着いた風合いの印鑑が欲しいなら「ブラックチタン印鑑」、豪華さを追求した印鑑が欲しいなら「革張りチタン印鑑」が良いね。

 

はんこプレミアムで購入した商品には10年保証が付帯しているというのも嬉しいところだよ。

 

 

個性のあるチタン印鑑を作るなら老舗の平安堂で

平安堂オンラインショップ

印材数日本一」を誇る老舗のネット印鑑店舗といえば「平安堂」だね。このお店はヒスイや水晶、ルビーなどのジュエリーを素材として使った「宝石印鑑」を販売している事でも広く知られているよ。

 

もちろん、チタン印鑑のバリエーションもとても多い。手持ちの部分に高級革を巻き付けた「革張りチタン印鑑」や、美しいゴールドメッキで仕上げた「ゴールドチタン印鑑」、合成結晶を利用して鏡のような美しいフォルムに仕上げた「鏡面仕上チタン印鑑」などがあるね。

 

その他に、ブルートパーズやジルコニアなどを印鑑のボディ部分に埋め込んだチタン印鑑も取り扱いしているよ。「個性のあるチタン印鑑をぜひ手に入れたい」という人にはおすすめのお店です。

 

 

チタン印鑑の品揃えが豊富なはんこdeハンコ

はんこdeハンコ

即日対応」や「5,000円以上利用で送料無料」など、ネット店舗の強みを生かしているのが「はんこdeハンコ」。

 

このお店は豊富なラインナップが特徴で、チタン印鑑もいろいろな種類があるよ。最もシンプルなデザインは「ブラストチタン印鑑」。

 

ボディの表面を少しざらつかせることで押印時の持ちやすさを向上させているよ。もう1つは「イオン・プレーティング(IP)」という特殊技術を使った「IPチタン印鑑」。

 

IP技術によって、チタン印鑑の表面はキズが付きにくい状態を長期間維持することができるよ。艶消しになっていて落ち着きがあるのも魅力だね。

 

はんこdeハンコでは、チタン印鑑を複数本まとめて購入すると最大40%の割引が適用される、という特別なキャンペーンもあるよ!

 

チタン印鑑の特徴とは?

チタン印鑑,特徴

チタン印鑑の際立った特徴は「長持ちすること」だね。チタンは金属素材の中でも重量が軽く、同時にとても強度が高いことで知られているよね。

 

だから航空機や宇宙ロケットのボディー用素材として広く採用されているよ。だから、チタンを使った印鑑は多少の圧力がかかった程度ではまず破損しないし、何かの弾みに折れてしまうという心配もほとんどないよね。

 

押印をする際、バランスを崩して斜めに体重をかけてしまったとしても、印鑑が歪んでしまうということはほぼない、というのもうれしいよね。

 

この「強度」という特徴に関しては、象牙製や木製の印鑑と比較にならないほど優れている点だよね!

 

金属にありがちな「経年劣化による腐食」というリスクもほとんどないから、重要な場面で活用する「実印」を作る際に、チタン素材を選ぶ人がとても多くなっているよ!

 

もちろん「捺印性」も確保されているから、「たっぷりとインクを付けたのに、印の形が綺麗に出ない」という心配はほとんどないよ!

チタン印鑑を選ぶメリットとは?

チタン印鑑,メリット

チタン印鑑を使うメリットは「耐熱性の高さ」と「見た目の良さ」の2つだね。アルミは600度前後、金や銅は1,000度前後の熱で溶解するとされているよね。

 

一方、チタンは1,500度を超えても溶解しないという極めて高い耐熱性を持っているよ。だから、不慮の事故で家が火事になって燃え尽きてしまったとしても、チタン製の印鑑は変形することなく残っている可能性が非常に高いというわけだね。

 

このメリットを考慮して、不動産や保険の手続きなどに使用する実印をチタン製にする人が増えてきているね!「見た目のカッコよさ」もチタン印鑑のメリットだね。

 

チタン特有の光沢は、象牙製の印鑑とはまた異なる高級感を漂わせているよね。汚れが付きにくくさびにくいことから、いつまでもシルバーの美しい輝きを保つことができるというのも魅力だね。

 

最近では「プリズムチタン」というカラフルな光沢を持ったチタン素材の印鑑も登場しているから、「シルバーは何となく味気ない」という人にはおすすめだよ!

チタン印鑑にするデメリットはあるの?

チタン印鑑,デメリット

チタン印鑑を選ぶことのデメリットは「価格が高い」という点だよね。

 

一般的に使用する銀行印を作る場合、黒水牛を使うと1本当たり5,000円前後、木材なら1本当たり3,000円前後で購入できるよね。

 

一方、チタン素材の印鑑を作る場合は15,000円前後が一般的な相場だから、かなり割高であることが分かるよね。

 

象牙の特上素材を使った印鑑が16,000円前後であることを考慮しても、チタン素材の高さが良くわかるはずだよね。

 

チタン印鑑が持つもう1つのデメリットは「表面に傷が付きやすい」ということだね。チタン素材そのものは耐久性が非常に高いから、強い圧力がかかっても変形することはほとんどないよね。

 

ただし、チタンの印鑑は持ち手のところにツヤと光沢を出すため、大抵は薄いチタン素材でコーティングされていて、そこはぶつけたりひっかけたりすると小さな傷が付いてしまうんだよね。

 

チタン印鑑を綺麗なままで保管したい」という人にとっては、持ち手の部分にこうした細かな傷がついてしまって光沢が弱くなる、というのはかなりのデメリットと言えるね。

チタン印鑑を作る場合の価格相場は?

チタン印鑑,相場

チタンは非常に軽くて丈夫だから、とても希少価値がある金属の1つに分類されているよね。だから一般的に「チタン印鑑はかなり高い」と言われているよ。

 

では、サイズごとにチタン印鑑に関するおおよその値段相場を検証してみよう。「15.0mmタイプ」は女性向けの印鑑として一般的なサイズだね。

 

このサイズのチタン印鑑を作る場合、平均的な価格は12,000円から15,000円とされているよ。一方、男性向けの「16.5mmタイプ」は15,000円から18,000円程度が相場となっているね。

 

もう1つ大きい「18.0mmタイプ」は20,000円から22,000円前後が一般的な販売価格だね。ただし、これらの金額は銀行印を依頼した場合の価格で、実印を注文する場合にはこれらの価格に2割から3割ほど上乗せされた金額になると考えておくと無難だね。

 

いずれのサイズでも10,000円以下で購入できます」という店舗がある場合には、注文をする前に完成品の仕上がり具合を見せてもらうと安心だね。

チタン印鑑にはどんな種類がある?

チタン印鑑,種類

印鑑に使われている素材にはいろいろなものがあるよね。チタン印鑑は素材そのものに変化は付けられないから、コーティングに変化を持たせたものが増えているよ。では、チタン印鑑にどんな種類があるかをチェックしてみよう。

 

最も一般的なのが「シルバーチタン印鑑」だね。これはチタン素材そのままの色を生かした印鑑で、美しい銀色が特徴的だね。大抵は手持ちの部分に特殊なコーティングをしてシルバーの光沢が出るようにしているよね。

 

このコーティング部分にゴールドメッキを使用したのが「ゴールドチタン印鑑」だね。冷たい印象を与えがちなシルバーに対して、ゴールドは柔らかさとゴージャス感をプラスできるから、男性だけでなく女性からも人気が高いね。

 

さらにゴージャス感を追求したのが「革張りチタン印鑑」だね。これは手持ち部分に希少な革を使用することで、より高級感を持たせた作品だね。

 

もちろん見た目の華やかさだけでなく、持った時にグリップしやすいという実用的なメリットもあるよ!

page top